資格取得

主な取得資格

事業所を利用中に取得した資格一覧になります。
 
資格取得を目指して試験に合格し取得すると、就職に有利です。

免許・資格欄に書くことができます。
また、面接でもアピールすることができます。
仮に仕事と資格が結びつかなくても資格取得という目標を持って取り組み、達成したというのは企業に入社した際も仕事を目標を持って覚えてくれそうという良いイメージを与える事が出来ます。
もちろん、現在取得中などまだ取得していなくても十分アピールになります。

 
 

Microsoft Office Specialist Word 2007

Microsoft Word 2007というマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格です。唯一マイクロソフトが認定する資格でもあります。

試験の難易度も高くないため狙いやすいです。

一般事務に限らずパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

Microsoft Office Specialist Word 2010

Microsoft Word 2010というマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格です。唯一マイクロソフトが認定する資格でもあります。

試験の難易度も高くないため狙いやすいです。

一般事務に限らずパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

Microsoft Office Specialist Excel 2007

Microsoft Excel 2007というマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格です。唯一マイクロソフトが認定する資格でもあります。

試験の難易度も高くないため狙いやすいです。

一般事務に限らずパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

Microsoft Office Specialist Excel 2010

Microsoft Excel 2010というマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる国際資格です。唯一マイクロソフトが認定する資格でもあります。

試験の難易度も高くないため狙いやすいです。

一般事務に限らずパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

Microsoft Office Specialist Excel 2010 Expert

Microsoft Excel 2010というマイクロソフトオフィス製品のより高度な利用スキルを証明できる国際資格です。唯一マイクロソフトが認定する資格でもあります。

試験の難易度も高くないため狙いやすいです。

一般事務に限らずパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

ITパスポート試験

ITパスポート試験とはITに関する基礎的な知識を証明する経済産業省認定の国家資格です。

IT関係への就職にはもちろんパソコンを使用する仕事であれば就職が有利になります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは経済産業省認定の国家資格です。

「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」を対象としており主にプログラマーやSE(システムエンジニア)を目指す方が対象となります。また、IT企業への就職を目指す方がITパスポート試験合格の次に狙う資格です。

IT関係への就職が有利になります。

高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)

高等学校卒業程度認定試験とは高等学校卒業者と同等以上の学力があると認定される国家資格です。

障がい者枠の求人でも学歴が高卒以上を問われるケースが多い為、最終学歴が中卒や高校中退の方には積極的に受けてもらいます。

求人票に高卒以上と書かれていても高等学校卒業程度認定試験を合格していれば応募をさせていただけるケースが多く、また、面接時の印象も良くなります。

日本漢字能力検定準2級

日本漢字能力検定とは漢字能力を測定する資格です。漢字の読み書きだけでなく、漢字の意味を理解し文章の中で適切に使える能力も測ります。

準2級は高校在学程度の知識が必要になります。

自分の能力に合った試験レベルを選べるため取得して履歴書に書いたりした安いです。また、メジャーな資格でもあるため面接でアピールしやすいです。

日本漢字能力検定3級

日本漢字能力検定とは漢字能力を測定する資格です。漢字の読み書きだけでなく、漢字の意味を理解し文章の中で適切に使える能力も測ります。

3級は中学校卒業程度の知識が必要になります。

自分の能力に合った試験レベルを選べるため取得して履歴書に書いたりした安いです。また、メジャーな資格でもあるため面接でアピールしやすいです。

日本漢字能力検定5級

日本漢字能力検定とは漢字能力を測定する資格です。漢字の読み書きだけでなく、漢字の意味を理解し文章の中で適切に使える能力も測ります。

5級は小学校6年生修了程度の知識が必要になります。

自分の能力に合った試験レベルを選べるため取得して履歴書に書いたりした安いです。また、メジャーな資格でもあるため面接でアピールしやすいです。

TOEIC900点以上

TOEICとはListening(聞く)とReading(読む)の2つの英語力を測るための資格です。世界共通で英語力が証明されます。

900点以上はネイティブとの日常会話からビジネスまでほとんど支障なくコミュニケーションが取れるレベルです。

英語の塾講師や英語を使用する企業への就職に有利になります。

普通自動車運転免許

自動車や原動機付自転車を運転する為の免許です。

事業所内では筆記試験の勉強を行います。

通勤に車が必要な場合や業務上運転が必要な場合の就職に有利となります。

特に事務関係の就職を狙う場合は、応募者数が多い為、自動車通勤が必要な求人に応募できるのは強みとなります。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは介護の入門資格です。

高齢者や障がい者に食事、更衣や入浴介助などの専門的サポートを行うための知識とスキルを身につける為の資格です。

介護などの福祉関係の就職が有利になります。

手話技能検定5級

手話技能検定とは手話技能を検定する資格です。

5級はあいさつ、自己紹介や趣味について相手に尋ねたり答えたりすることができる為の知識が必要になります。

福祉関係の就職が有利になります。

乙種第4類危険物取扱者

乙種第4類危険物取扱者とはガソリン、アルコール類、灯油、軽油などの引火性液体を取り扱う施設に必ず危険物取扱者を設置しなければいけない時に必要な資格です。

危険物を扱う施設、ガソリンスタンドなどの就職に有利になります。

ビジネス能力検定

ビジネス能力検定とは社会人に必要な仕事の能力を評価する資格です。

ビジネス知識や社会人のマナー、人材育成の課題である問題発見力・提案力・発信力などを身に付ける資格試験となります。

営業や接客はもちろんどの就職先でも社会性は問われるため有利になります。

秘書技能検定 2級

秘書技能検定とは社会に出て働く人なら誰でも備えておかなければならない基本的な常識を評価する資格です。

2級は上司に適切なサポートを行うための優先順位も考えることが必要です。また、感じのよさだけでなく効率のよい仕事の仕方も問われます。

秘書を目指す方はもちろんどの企業でも上司はいますので就職に有利になります。

宅地建物取引士

宅地建物取引士とは不動産売買や賃貸の仲介に必要な国家資格です。

不動産取引を安全かつスムーズに進めるために必要な資格となります。

不動産関係の就職に有利になります。

行政書士

行政書士とは官公署に提出する各種許認可・届出書類などを個人や企業に代わって作成したり、提出代理や相談業務を行います。

幅広い法律の知識を持ち、市民と行政をつなぐ身近な法律家です。

法律関係の就職はもちろん、どの企業への就職や転職にも有利になります。